ストレス解消法としての浪費

世知辛い世の中であるため、ストレスはどんどんたまっていきます。
そんなストレスを発散させる方法の一つに、
ブランド品を大量に購入すると言うものがあります。

経済効果もあるため、
社会としてはありがたい行為であると言えます。
しかし、こうした浪費癖には問題もあります。

まず、終わりが見えないと言うこと。
いくら買っても次のものが発売され、購買意欲がそそられます。
そのため、お金がいくらあっても無制限に購入していきます。

それだけなら良いのですが、
ブランド品を買うことで得られるストレス解消には、
たくさんのお金が必要です。

高収入であれば良いですが、
クレジットカードなどで資金を調達している場合には、
生活が圧迫されてしまいます。

食べ物を買えない状態になることも考えられ、
適度の金の使い方が求められます。

しかし、浪費癖がある人にとっては、
ストレス解消に夢中になるあまり、
お金を適切に使えない人も多いです。

最近では在籍確認電話がない消費者金融も増え、
お金を借りやすくなってきたのも要因のひとつかもしれません。

家族や知人が静止しても、やめられなくなっていることもあり、
自制心がない人には
あまりおすすめできないストレス解消法であると言えます。

自分の所得に合ったお金の使い方を考えることが大切です。
他のストレス解消法を探してみても良いでしょう。