『浪費癖を治そう』キャバクラ編~そのニ

最近まずは水商売、
特にキャバクラの会社が若い人の間で人気になっていて、
以前の怖い予測やいたたまれない予測は
なくなってきているとも言えます。

ただ若くしてふらっと水商売の仕事に就くと、
慣れない産業なので多様なタイミングでへまもあります。

たとえば飲み物のレシピにも良心や礼儀があり、
ボトルの商標をお客さんの見えるセッティングに
置いてわかりやすいようにしたり、
ドリンクを定める時折水や氷が跳ねないように注意して
お客さんに提供するなど、細かい水商売の礼儀があります。

注ぐ

喫煙の火の付け方にも、
お客さんの見えないセッティングで火をつけて
目の前で点火止めるなどの世話や、
火を塗るタイミングも常に気を配っておく必要があるでしょう。

お酒や喫煙に依然として
さほど馴染みのない若いジェネレーションは、
キャバクラで動くようになると
まずはこれらの礼典でのへまが目立ちます。
そうして夜の国々は想像以上に縦人前の持ち味がきつく、
お客さんだけではなく仕事場の名人への会釈や単語などには
世話をしなければなりません。

どの国々も呼べる所だけれども、
キャパシティポリシーの水商売の国々においてもコネは大切で、
処世手法としては何より外すことのできないポイントだと言えます。
ちゃんと名人や同士とのコネを構築して、
へまを重ねてもお互いに助け合いながら成長して行くことが大切だ。