浪費癖を治すには?

浪費癖を治すために一番大切なのは、借金をしないことにあります。

浪費をする方ほどキャッシングやカードローンから
お金を借りる傾向があります。
ギャンブルに関する浪費は男性に多いですが、
買い物は女性に多いです。

特に、すぐにお金が必要な人が読むサイト
にも記載されているように、
カードローンでは専業主婦など無収入でも、
借り入れすることが可能ですのでおすすめです。

浪費癖を治すには周囲の協力も必要となり、
特に重要なのは本人が浪費を自覚することです。

毎月の出費を即答できない状態なら、
漠然とお金を使っているはずです。
まずは本人が毎月の出費を把握することが大切です。
出費を把握できなければ、収支の健全化など無理なことです。

周囲が協力できることは、決してお金を貸さないことです。
浪費癖のある方は、お金を借りることに慣れているのです。
しかも、収支のバランスを把握していないため、
借りても返すことが難しいです。

次第に借りて返さないことに慣れてしまい、
周囲にも迷惑をかけるようになります。
浪費癖のある方にお金を貸すのは、お金をあげるようなものです。

借金返済のケジメも本人につけさせるのが鉄則です。
誰かが借金の肩代わりをすると、
再び借金を繰り返すようになります。
本人に甘えが生じては、浪費癖は治らないのです。

借金の返済ができなくなった場合は、
債務整理をして解決してもらいましょう。
甘やかすのは本人のためにもなりません。