浪費癖とは?

浪費癖というのは一言でいってしまえば、
「無駄使いをする癖がある」という事です。

浪費癖のお金の使い道は様々で、
洋服や貴金属、旅行、お酒、異性遊び、
ギャンブルなどが挙げられます。

これらの中には、必要であるからこそ購入する物もありますが、
特に必要としないのに購入してしまったり、
使ってしまったりする場合には、
浪費癖である可能性が出てきます。

これは、物を必要としているわけではなく、
買い物などをすることが「ストレス発散のはけ口」や
「心を満たす手段」になってしまっているのです。

そのため、ストレスを抱えてしまったり、
心が満たされていない状態になってしまうと
浪費癖があらわれてしまう可能性があります。

このように浪費癖がある方というのは、
必要のない物でも購入することで心を満たし、
さらには人に評価されるようなものを所持する事で
自尊心を保とうとしていますが、
この行為によって本当の意味で心を満たすことは出来ません。

しかし、一度浪費癖がついてしまうとその時の感覚を求めるあまり、
自分をコントロールする事が難しくなってしまいます。

そのため、浪費癖を治す為には、
まず「悩みの元となっている原因を見つめ、
自分という存在を受け入れる」事が大切になってきます。
また、セルフコントロールが困難な場合には、
周りの助けを借りることも必要です。"


新着情報


おすすめサイト

・すぐに融資してくれるキャッシング業者紹介!